熱交換器とはどのようなものか

熱交換器というのは、液体や気体などの流体を使用して、熱エネルギーを交換して、物を加熱したり冷却したりするために使われる装置です。
高い温度の物体から低い温度の物体へと効率的に熱を移動させることができるように作られています。

お客様に相応しい熱交換器情報の豊富さで有名なサイトです。

熱交換器の種類としては、プレート式、シェル・チューブ式、フィンチューブ式の三種類があります。プレート式は、凹凸のある金属のプレートを重ねて、交互に温度が異なる流体を流して、加熱や冷却を行います。シェル・チューブ式は、シェルという筒の中に、チューブと呼ばれる細い伝導管が複数入っていて、チューブの外と内で異なる温度の流体を流して加熱や冷却を行います。

フィンチューブ式は、チューブにフィンと呼ばれる伝熱板を取り付けて、伝熱面積を増やしています。

一般的なエアコンで利用されている熱交換器で、チューブに液体を流し、フィンに気体を当てて熱を交換します。最近は、SC(多葉)チューブやSFC(フィン)チューブなど、生産効率の高い製品が開発され応用されています。



熱交換器には、一般用と産業用があります。


一般用は、エアコンの室内機や冷蔵庫、自動車のラジエーターなどで使われています。
一方、産業用は、上記を発生させるボイラーや食品、薬品、半導体、液晶パネル、自動車などの製造工程で使われています。



熱交換器を長期間使用すると、粉塵や汚れなどが原因で、熱の交換効率が悪くなります。

そのため、定期的な保守メンテナンスが必要です。

top