ヒートポンプ式洗濯乾燥機を選ぶメリットとは

ヒートポンプと聞いてこれが何かを説明出来るひとはどれほどいるでしょうか。

ヒートポンプとは空気中などの低温のものから高温を作りだす仕組みの事です。
最近ではエアコンや給湯器、自動販売機などにも搭載されていているもので省エネ性が高く注目されています。ドラム式洗濯乾燥機に関して言えば、洗濯乾燥機の中にエアコンと室外機が丸ごと入ったという感じです。

鋭い観点からヒートポンプ関する便利な情報が満載です。

排熱を再利用しているというイメージです。
ドラム式洗濯機にはヒートポンプ式とヒーター式があり、ヒーター式は約100度の高温熱風で洗濯物を乾燥させるため早く乾きますが、直接衣類のちぢみや装飾のはがれ、傷みはさけられません。



そして、ある程度庫内温度が下がらないとふたが開かないので、すぐに取り出して使用したい時には困るかもしれません。
高温を冷やすのに冷却水を使用したりと電気代はかかります。

それに比べてヒートポンプ式は熱効率が大変よく、約65度の低温温風でもしっかりと衣類を乾燥させるため、傷みの心配はほとんどありません。



低温乾燥のため、自由にふたの開け閉めを行う事も出来、忙しい主婦などにはおすすめです。

電気代に関しても、ヒーター式に比べて使用する電気は大幅に減るため電気代は約3分の1ほどになります。


各社で両タイプは販売されていますが、電気代の節約にもなり衣類の傷みも防ぐことができるため、省エネが当たり前となりつつある現代では、ヒートポンプ方式が主流となりつつあります。


top